【パラ五輪】最年少の山田美幸が大活躍!プロフィールや指導者は?!

最年少スイマーの山田美幸選手。

両腕がありませんが、両足で力強く蹴り進む彼女の姿に多くの人が感動しました。

東京パラリンピック予選でも、彼女の泳ぎは圧巻でした!!

決勝に進む彼女のプロフィールや経歴、指導者などをまとめています。

尊敬する人に憧れ、ここまできた山田選手。今夜の決勝戦が楽しみですね♬

目次

山田美幸のプロフィール

名前山田美幸(やまだみゆき)
生年月日2006年9月15日(14歳)
出身地新潟県阿賀野市
身長140cm
活動拠点新潟県
所属WS(ウィルスピード)新潟
ポジション・クラスS2/SB2/SM2

生い立ち

2006年9月15日に生まれる。生まれたときから両腕が無く、下肢にも障害がある。保育園時代に水泳を始める。現在は背泳ぎ専門。山田選手が最も尊敬している選手は同じパラ競泳のシドニー金メダリストの加藤作子選手。加藤選手のようになりたいと日々トレーニングに励んでいる。彼女の武器は、足の力をパワフルに使いこなして、パラ五輪決勝進出を決めた。

運動機能障害

 1 3 4 5 6 78  9 10

2 が山田選手のクラス。

*数字が小さいほど重い障害。数字が大きいほど軽い障害。

※2021年2月にメルボルンで開催された大会でクラスの見直しがありました。今までのS3から、より障害の重いS2クラスへ変更。

平泳ぎ、クロールなども泳ぐことができるが、背泳ぎに専念することを決めた。

成績

2017年ジャパンパラ水泳競技自由形S3大会200m 優勝
2020年第1回強化合宿兼記録会50mS2 日本記録更新(1分11秒25)
 100m背泳ぎ 2分35秒65(自己ベスト更新)
2021年日本選手権50m背泳ぎS2 日本記録更新(1分5秒44)
      50m自由形日本記録更新(1分8秒60)

出場予定種目

・競泳女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)
・競泳女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)

山田選手への指導者は?

・野田文江コーチ(79歳)。

長年、山田選手を指導している野田コーチ。山田選手の芯の強さは、健常者と同じ大会でも屈することなく、しっかり自分の泳ぎができること、強い心の持ち主とコーチは絶賛している。

・岡野高志コーチ

山田選手が通う【Will Speed Niigata代表】。日本障碍者スポーツ協会公認上級指導員の資格を持ち、指導。自身も元水泳パラ競技の経験者。

ネットの声

https://twitter.com/513Mak/status/1430312408023633921?s=20

YouTubeの動画より

終わりに

山田選手の泳ぎをみると、力強く前へ進む印象が強いですね。

初のパラリンピック!!

メダルも夢じゃないと思います!!

今後の活躍にも期待ですね♬

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる