【パラ競泳】エレノア・シモンズが凄い!生い立ちやSNS情報を公開!

東京パラリンピックに出場する競泳のエレノア・シモンズ選手が凄いんです。

13歳で時の人となった彼女。

その生い立ちや、成績などをまとめています。

SNS情報もありますよ(^^♪

目次

エレノア・シモンズのプロフィール

名前エレノア・シモンズ
英語表記Eleanor Simmonds(SIMMONDS E)
生年月日1994年11月11日(26歳)8月26日現在
代表国イギリス
ポジション・クラス競泳(S6)

生い立ち

生まれた時から軟骨形成不全症という病気で低身長だった。123cm。5歳の時から水泳に興味を持ち始める。

パラの競技においてのクラスわけでは、10段階中、重度とされつ6番目のS6のグループになった。彼女の魅力は可愛らしい愛嬌ある笑顔、レースの時の豪快な泳ぎが観る人を魅了している。

軟骨形成不全症とは?

軟骨細胞が異常になり、骨の形成が阻害される。
手足の短縮を伴う低身長になる。
全身に多様な症状が起こり得る病気のこと。

ポジション・クラスとは?

ポジション(アルファベット)種目
自由形
背泳ぎ
バタフライ
SB平泳ぎ
SM個人メドレー
クラス種目数字
1~10肢体不自由身体機能に関する障害。数字が低いほど重度。
11~13視覚障害11は重度。13は軽度。
14知的障害 
15聴覚障害 
21その他 

成績

・2008年、13歳の時に初出場した北京パラ五輪にて、100mと400mの自由形で二冠を達成。400mでは世界新も出した強者。このことが時の人として有名になった。
・2008年、BBCの「ヤング・スポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー」に輝く。
・2009年、史上最年少の14歳で名誉ある「大英帝国勲章」を受賞。

・2012年ロンドンパラ五輪、400m自由形と200m個人メドレーにて、いずれも世界新記録で金メダルを獲得。100m自由形では銀、50m自由形では銅メダルを獲得。

・2016年リオパラ五輪にて、200m個人メドレーで2分59秒81の世界新をマークし、金メダルに輝いた。

・負けず嫌いな一面も見せる。(2位になる選択肢はないと話す)

リオのあと、モチベーションを維持するのが難しく、一時は引退も考えたが、時間をかけて自問自答することで再び、立つべき場所を確認できた。4度目のパラリンピック【東京】にて、引退する意向だという。競技人生において最終の場を東京とし、最後の一瞬までも彼女は輝き続けるだろう。引退後は小学校の先生になりたいと語っている。

家族構成

5人兄弟の末っ子のエレノア選手。姉が3人、兄が1人います。

5歳上の姉も同じ 軟骨形成不全症 。両親は特別扱いせずに子どもたちを育ててくれたようだ。

コーチは?!

彼女のコーチです。とてもダンディーな方ですね!!

彼女の好成績の裏にはコーチとの二人三脚があったのですね♬

スイマーの本

彼女は本も出しています(^^♪

エレノア・シモンズのSNS情報

インスタ

https://www.instagram.com/elliesimmonds/

Twitter

まとめ

エレノア・シモンズ選手についてお伝えしました。

13歳で時の人になるってどんな感じでしょうか?

東京パラリンピックが最後になると言われています。彼女の活躍をぜひ見て頂きたいです☆

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる