【パラ五輪】陸上男子・唐沢剣也の目になるガイドランナー2人とは?

2021年8月31日、陸上1500mに出場する盲目ランナーの唐沢剣也選手。

すでに5000mにて銀メダルを獲得し、歓喜にわいていますが、伴走者との出会いもまさしく必然!!といってもいいくらいに、素晴らしい方々に出会っています。

二人三脚で歩んできた唐沢選手は、まだ経歴4年。東京パラを目指すきっかけとなったのが、リオパラ五輪でした。

そんな彼の姿を見て、希望に思う子供たちが増えてくれたらいいなと思います。

唐沢選手のプロフィールや伴走者の紹介などをまとめています。

目次

唐沢剣也のプロフィール

名前唐沢剣也
読み方からさわ けんや
生年月日1994年7月3日
身長163cm
出身地群馬県

経歴

先天性の網膜剥離による視覚障害があり、小学4年生の時、失明。リオパラ五輪のとき、活躍している選手のことを知り、自分も東京パラを目指すと決めた。

・2018年にインドネシアで行われた、アジアパラ競技大会で、5000mで優勝。2019年には、ドバイで開催されたパラ陸上世界選手権5000mにて3位。(伴走者➡星野和昭・茂木洋晃)

*出場種目

陸上男子1500メートル(視覚障害T11)
陸上男子5000メートル(視覚障害T11)➡銀メダルおめでとう!!

唐沢剣也のガイドランナー(伴走者)は2人!!

小林光二さんと茂木洋晃さん

小林光二さんは、群馬の実業団スバルのコーチ!!

2021年3月に出会いました。その出会いも必然といってもおかしくないほど・・・

会って試しに一緒に走ると一人で走っているかのように息があっていたとのこと。
それから意気投合し、4月より、伴走者として走るようになりました。

一方の茂木洋晃さんとは、紹介で知り合い、伴走者としてのコンビもいい感じになっています(^^♪

小林光二のプロフィール

名前小林光二
生年月日1989年1月16日(32歳)
出身地栃木県
出身校那須拓陽高校
大学中央学院大学

大学1年生から4年生の4年間、箱根駅伝にも出ている選手でした。
大学卒業後、スバルへ就職。ニューイヤー駅伝などにも積極的に参加。2019年引退後は、コーチとして関わってきました。

茂木洋晃のプロフィール

名前茂木洋晃
生年月日1995年12月12日(25歳)
出身校東京農業大学第二高校
大学東京農業大学
身長181cm

唐沢剣也選手との出会いは、紹介で知り合いました。その後、練習を共にする中で、タイムも縮みました。身長差があるため、唐沢選手が走りやすいように工夫しているようです。

二人三脚で最高の走りへ!!

盲目の選手にとっては、ガイドランナーの存在は、身を任せる大事な存在です。安心して走れるように伴走者は走りはもちろんのこと、気にかけながらペースを合わせていかなければなりません。息の合ったコンビネーションはとても大事です(^^♪

1500mでも、そのコンビみたいですね!!

まとめ

唐沢剣也選手と伴走者についてお伝えしました。

初めてでも、本気で取り組めばメダルにだっていけることを証明してくれましたね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる