これが最後…と望んだ代表の切符!松本義和のプロフィ―ルや結婚は?

年齢的にも東京パラ五輪が最後・・・と感じている松本義和選手。一度は東京パラ五輪に出ることも迷いがあったようですが、それでも練習に励み、勝ち取った代表の切符。

その知られざる努力や、彼の生き様はお手本となるのでは?と感じるほどです。

パラ柔道でも、松本選手の活躍を見守りたいですね。

経歴や家族構成、SNS情報をまとめています。

目次

松本義和のプロフィール

名前松本義和
生年月日1962年6月30日(59歳)
出身地大阪府
身長186cm
体重100kg
パラ五輪代表歴シドニー、アテネパラリンピック
所属アイワ松本治療院

経歴

高校1年の時にテニスのボールが見えにくくなっていることで眼科を受診。その時に緑内障を発症していると診断される。その後、右目は失明。左目も日に日に視力が低下する。

20歳の頃には、全盲となり、光を失った。その時のことを想うと絶望しかなかった。

大阪府立大阪南視覚支援学校へ通い、鍼灸マッサージ師の国家資格を取得。お金を貯めて24歳の時には、鍼灸院を開いている。

盲学校時代に、柔道とも出逢い、本格的に取り組んだ。柔道があったから今の松本選手がいる。偏見で苦しんだ時期もあったから。

 38歳のとき、初めて出場したシドニーパラ五輪(2000年)にて、銅メダルを獲得。

アテネパラ五輪には、日本選手団の旗手を務めています。その後は思うように結果が出ず、代表から遠ざかってしまいます。「これが最後」と臨んだ2016年リオパラ五輪の代表選考会も怪我で悔しい思いを経験。

日本開催でつかんだパラ五輪の切符。子どもたちに父の頑張る姿を見てほしいと願っているようだ。

成績(100kg級)

2000年シドニーパラ五輪 銅メダル
2018年アジアパラジャカルタ大会 銅メダル
2019年オセアニア選手権 銀メダル

家族構成(結婚はしているの?)

奥さん(48歳)・長女(16歳)、長男(14歳)

結婚しています!!

奥さんとは、シドニーパラ五輪後、出会ったとのことで、2004年に結婚。1女1男のお父さんでもあります。

パラ五輪出場種目

・柔道男子100キロ級(視覚障害)

選手別競技スケジュール

2021年8月29日(日)の日程

午前11時~

柔道男子100キロ級(視覚障害)準々決勝第2試合

SNS情報

Twitter

Facebook

https://www.facebook.com/yoshikazu.matsumoto.376

まとめ

一度はあきらめかけた挑戦に再度、チャレンジして見事、東京パラ五輪に出場を果たしたパラ柔道100kgの松本義和選手についてお伝えしました。

一度は引退も考えたことでしょう。でもそこからモチベーションを維持して、パラ五輪を目標に歩んできた日々は素晴らしいと思います。

ぜひ、メダルをもって頂きたいです(^^♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる