【陸上】山下潤の父が凄い!35年たった今でも破られてない記録とは?

2021年7月23日開幕の東京オリンピック陸上200m代表の山下潤選手。

言わずと知れたアスリート一家なのです!

潤選手の父の記録がいまだに破られてないのが驚きと同時に、その存在が気になりますよね!

今回は、山下潤選手プロフィールと共に、父の記録、家族、経歴や3兄妹のSNSなどをご紹介していきます(^^♪

目次

山下潤のプロフィール

・1997年8月23日生まれ(23歳)
・所属➡ANA
・福島県
・出身高校➡福島高校
・出身大学➡筑波大学
・東京五輪出場➡200m
・183cm

山下潤

主な経歴

・2021年 東京五輪                オリンピック初!!
・2019年 ドーハ 世界選手権
・2018年 ジャカルタ アジア大会

高校までは、三段跳びの選手としてやってきたが、筑波大学への進学と共に、200mでの競技に専念する。3人兄妹の真ん中で、兄は三段跳びの選手(今回の五輪代表)・妹も筑波大学で、三段跳びの選手。

意外な趣味

お料理もするようです!!

父・訓史さんの偉業とは?

プロフィール

・名前➡山下訓史(やましたのりふみ)
・1962年9月10日生まれ(58歳)
・出身地➡三重県
・178cm

訓史さんの偉業

三段跳びの選手だった。
1986年6月1日に、日本選手権で跳んだ、17m15cm(日本記録)を未だ破られていない。35年間もいまだに残る記録!!

陸上を始めたきっかけ

もともと陸三競技をやっていたのではなく、中学時代は吹奏楽部に所属。
訓史さんの父の影響で転勤する。その転勤先の中学校には吹奏楽部がなく、陸上競技に興味を示し、始めてみたのがキッカケだった。

主な成績

・1986年 アジア大会 ソウル(韓国) 1位
・1988年 オリンピック ソウル(韓国)12位
・1991年 世界選手権 東京(日本) 11位

山下家の家族構成

父・訓史さん
母・美穂子さん
長男・航平さん(26歳)
次男・潤さん(23歳)
長女・桐子さん(22歳)

の5人家族です。

母の美穂子さんも陸上経験者とのこと。
両親が陸上経験者ということですが、スパルタではなく、家では陸上についての話をほとんどしないとのことで、【憧れ】がそうさせていったんだなって思いました。

父・訓史さんのご実家には、当時の新聞や、数々の偉業が飾られていたとのこと。

自然と目にするうちに、競技への関心などが芽生えた。

山下航平(潤選手の兄・やましたこうへい)

1994年9月6日生まれの26歳。
所属➡ANA
筑波大学出出身
179cm

主な成績

・三段跳びで、2016年5月の関東学生対校選手権にて、自己ベストをマーク(16m85cm)
・同じ年のリオデジャネイロ五輪代表入り!
・2018年のジャカルタ・アジア大会では4位入賞。
・日本選手権は2018年、2019年連覇。

2021年三段跳び日本代表に選ばれました!

潤選手と共に東京五輪出場します!!

山下桐子(妹・やましたとうこ)

・22歳(大学4年生なので)
・164cm
・三段跳びの選手

主な成績

・2018年 学生個人選手権 女子三段跳び 2位
・2018年 日本インカレ  女子三段跳び 5位

笑顔がキュートな印象な妹さん。
でも父のように父を超える存在になりたいと思っているようです(^^♪
今後の活躍に期待です♬

兄弟での1枚

SNS情報

兄、航平選手のTwitter

https://twitter.com/kohei737800?s=20

インスタ

潤選手のTwitter

https://twitter.com/JunYamashitaaaa?s=20

インスタ

桐子選手のTwitter

https://twitter.com/ymst_toko?s=09

まとめ

今回は陸上山下兄弟と父の偉業をお伝えしました。

アスリート一家ではあるものの、小さい時からスパルタではなく、本人たちの意志に任せて五輪切符を掴んだ山下兄弟。父の日本記録はいまだに更新されておらず、これからの兄弟の活躍が楽しみです。

東京五輪では自分の信じた道を突き進んで欲しいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる