ハンスル・パーチメントを助けたハーフの女性が可愛い!インスタ画像は?

東京五輪で心温まるエピソードがありました。

2021年8月4日の出来事について記載しています。

日本人女性と報道がありますが、ハーフのようです。(見た目的にも)

そのエピソードの主人公はm陸上競技男子110mハードルの選手、ハンズル・パーチメント選手です。

まずは彼の紹介からしていきましょう。

目次

ハンズル・パーチメントのプロフィール

名前ハンズル・ジョージ・パーチメント
生年月日1990年6月17日(31歳)
国籍・出身地ジャマイカ・セント・トーマス教区
身長196cm
競技種目陸上競技110mハードル

主な成績

2011年ユニバーシアード深圳110mハードル金メダル
2011年中央アメリカカリブ選手権マヤグエス4×100mR金メダル
2012年ロンドン五輪110mハードル銅メダル
2015年世界選手権、北京110mハードル銀メダル
2018年英連邦競技大会ゴールドコースト110mハードル銀メダル
2020年東京五輪110mハードル金メダル

心温まるエピソード
~困った選手を助けたハーフの女性とは?~

その出来事が起こったのは2021年8月4日のこと。

ジャマイカ代表のハンズル・パーチメント選手は、陸上男子110mハードル準決勝に出場するために、バスに乗ろうとするが、あろうことか乗り間違えてしまいました。

気付いた時には【海の森水上競技場】にいました。

困ったハンズル選手が近くにいた関係者の女性に声をかけると、その女性がお金を渡し、タクシーで向かうことができました。

女性の素早い対応のおかげでハンズル選手は準決勝にでることができ、そのまま決勝へ。自己ベストをマークし、そのまま優勝。

ジャマイカ選手において、110mハードルで初の金メダルを獲得。

でも彼にはその後、やらなければいけない事が在りました。(向かうまでの所を撮影していました。)

日を改め、助けてくれた女性がいるであろうところへいき、お礼を伝え、ジャマイカのシャツ(チームシャツ)をプレゼントしました。そして助けた時に渡してくれたお金(1万円)もお返しし、一緒に写真も撮りました。

女性の名前は?

【ティヤナ】さん。

ボランティアスタッフではなく、大会関係スタッフだったこともあかされました。

ティヤナさんのお父さんは、セルビア人・お母さんは日本人のようで、ハーフとのこと。一般の方なので、詳しいことは書いてませんが、英語や日本語が得意とのこと。

ハンスル選手に頂いたシャツを着てインスタに投稿!

彼女の行いを知り、絶賛の声が多数出ています!!

困っている人に手を差し伸べる勇気も凄いですが、それよりも渡したお金はまた自分で働いて得るという考え方も素敵ですね♬

まとめ

ジャマイカの選手を助けた話を載せました。

こういった行いが増えると心温まりますね。

自分に出来ることで小さな恩を返していきたいものですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる