MENU

おとり物件とは?クレームはどこにすれば良い?対策方法などをご紹介

おとり物件という言葉をご存知ですか?

少しずつ知られていってますが…

おとり物件についてとクレームはしていいのか?対策についても、まとめています。

目次

おとり物件とは?

おとり物件とは、好条件の物件の情報をのせ、集客を目的にしながら、契約したい物件が借りられず、別の物件を薦める為に使うときにするのがおとり物件と言います。

別名では、釣り物件ともよばれているんだとか。

クレームするならどうしたら良いの?

消費生活センターに電話し、事の重大性を伝えることや、宅建協会にもクレーム入れていいようですね!

おとり物件を見分けるためには?

おとり物件の特徴を知ることが何よりも大切です。

①相場の物件よりも安い

②写真が使い回しされている

③住所の詳細がわからない

④登録した日にちが古い

⑤掲載されている情報に違和感がある

⑥見学予定の物件が見学する前に契約されてしまったことを告げられる

などがあげられます。

おとり物件の対策は?

気になる物件に、問い合わせし、見学する。断られたり、曖昧な対応された場合は、そこの賃貸は借りない。

ご自分の予算内の物件でない限り、契約はしない。

など。長く住み続けるためにも妥協はしないことをオススメ致します。

ある程度、譲れないことは優先順位としてみるべきだと思います。

おとり物件の被害に合わないためには

少しでも怪しい不動産とは、契約しないこと。これに尽きます。

まとめ

もし希望している物件がすでに契約済の場合は、他の物件紹介されても、断ることです。

また1からになりますが、自分が住みたいと想える物件をゆっくり見つけていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる