【コーヒーの日】いつから始まった?由来やコンビニのコーヒーを比較!

お住まいの地域によっては、まだまだ暑いところもあれば、寒くなっているところもありますね。そんな時にはコーヒーで温まったり、暑い時はアイスコーヒーで、涼しくなったりするのはいかがでしょうか?

10月1日は、コーヒーの日!

では、いつから始まったのでしょうか。

目次

コーヒーの日は、いつから始まったの?

全日本コーヒー協会によると、コーヒーの日は、1983年(昭和58年)に制定されています。

すごく前から、コーヒーの日があったなんて驚きですね♪

世界では、国際コーヒー機構(ICO)が、2015年10月1日に【国際コーヒーの日】と制定しました。

ICOができたのは、なんと1963年(昭和38年)!
ロンドンにて(国連の後援の元)設立されました。

ICOは、ICA(国際コーヒー協定)を管理し、開発協力をしています。

コーヒーの日の由来は?

世界各地のコーヒー記念日が9月後半に集中していることもあり、国際コーヒー機構によって、10月1日に国際コーヒーDayに制定したようです(^^♪

この日はコーヒーを飲みながらおいしさを語るのもありですね☆

SNSでの反応

コーヒーを飲むときにこんなカップはいかが?

可愛らしいカップですね♬

記念日がいっぱい!!(10月)

コーヒーとパンって合いますね♬

オススメコーヒー

可愛い♬

コンビニ比較!!

ローソン(左)・ファミマ(右)

Sサイズ100円!!

どちらもブラックです!

ファミマの方が、後味が苦い感じがします。

ローソンのは、苦いというよりはごくごく飲みやすいです(^^♪

ファミカフェ・メリット デメリット

・自分でマシーンに入れて作れるところ!

・シロップなどの調整も自分でしやすい!

・毎回違うブレンドができる!(キャラメルなどを入れる量や分量を自由に調整できる)

・お店によって、コーヒーマシンが清掃されてて、使えないときがある。(1台しかない店舗は1時間ほどかかります)

・シロップで手が汚れてしまうときがある。(こぼさないように慎重にしましょう)

・ボタンの押しミスをしてしまう・・・(意外とあるので、欲しい商品を見て押しましょう)

ローソン・マチカフェ メリット デメリット

・店員さんなら、ボタンの押しミスは、ほぼない・・・

・オススメを教えてくれる。(仲良くなった店員さんならすぐにオススメを教えてくれました)

・余計な糖分を入れなくて済む。(自分でシロップ追加できる店舗もありますが、店員さんがいれてくれるところもあります)

・マチカフェは、種類が豊富!!

・コーヒー注文時に、店員さんに言わないといけない・・・

・混んでるときなど、シロップなどの追加を伝えづらい。

・コーヒーが注がれて出されるまで、レジの混雑時には、少し待たされてしまうこともある。

ピスタチオラテのアイスです!!

ローソンでは、いろんな種類のラテが豊富です!
チェックしてみてね♬

ポイント情報!!

ファミマのポイントは、税込み200円からつきます(^^♪

ローソンは、200円(税抜き)です。←ここ注意!!

セブンイレブンも、200円(税抜き)です。

セブンイレブンアプリでは、アプリのバーコードを出すと、コーヒーゲージがたまり、10杯買うと、1杯無料になるクーポンが届きますよ☆ぜひこの機会にコーヒー好きな人は始めてください♪

セブン‐イレブン公式アプリ|セブン‐イレブン~近くて便利~ (sej.co.jp)

インスタントコーヒーHP

https://instant-coffee.org/

国際コーヒー機構

https://www.internationalcoffeeday.org/

まとめ

10月1日はコーヒーの日ということでお伝えしました!

ぜひ、美味しいコーヒーを飲んでまた明日からの活力にしてくださいね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる