MENU

【安倍元首相】の国葬とは?何をする?参列できる人は誰?何年ぶりになる?

2022年7月8日(金)、選挙の応援のため、駆けつけて街頭演説中に銃で打たれ、そのまま帰らぬ人となった安倍晋三元首相。

そのニュースには、とても衝撃があり、ショックでしたね。この日本でこのような悲しい事件が起こるとは…

この記事では、安倍晋三元首相の国葬について、お伝えします。

参列できる人や前の国葬についても記事にまとめてしていいきます。

目次

安倍元首相の国葬は何をする?

国が責任をもって執り行う国主催の葬儀です。

費用なども全額、国費(国のお金)で賄われます。

55年ぶりの国葬になります。

国葬となる対象者は?

歴代の総理大臣の中でも、功績を称えあげられてきた人や、皇族などが対象でした。

1926年に国葬令が公布されましたが、第二次世界大戦後には、失効されました。

国葬の費用はいくら?

2億4940万円になるようです。

安倍晋三元首相の国葬の日はいつ?

9月27日(火)日本武道館にて国葬がおこなわれることが決まりましたm(_ _)m

海外からはどのくらい来る?

190カ国からの参列者がいるとのことです。

国費に参列できる人は?

※一般人は、参列できません。会場の外に南花台が設置されるとのことです。

国会議員や、海外からの首脳級要人、それに地方自治体の代表を含む、およそ6000人前後の参列者を見込んでいます。

会場の外に設けられた一般南花台にご自身で用意したお花を南花できるようです。

当日の午前10時から午後4時まで。

以前、国葬が行われたのはいつ?

1967年(昭和42年)10月31日。

誰の国葬だった?

吉田茂元首相の国葬が行われた日です。戦後初の国葬でした。

まとめ

安倍晋三元首相の国葬について、お伝えしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる