MENU

宮崎餃子が年間購入額で1位?浜松・宇都宮を抜いたのはなぜ?通販は?

宮崎市の餃子が年間購入額で1位になったことが話題になっていますね♪

長年、トップを歩いてきた浜松市と宇都宮市は、2位と3位になりました。

なぜ、宮崎市が1位になったのか?

その理由に迫りたいと思います。

目次

宮崎市が1位になった理由はなぜ?

2020年に設立された宮崎市ぎょうざ協議会。毎月3日を「餃子の日」として消費を呼び掛けたり、イベントなどで盛り上げていったことで、見事一位になりました(*^^*)

通販やお取り寄せなどの需要も増えたことが結果として消費へと繋がっていったようです。

宮崎市は2015年以降、年間購入額の年間順位にも3位に入ったり、毎年10位以内に入って来ました。

宮崎餃子の特徴は?

宮崎は、材料となるキャベツやニラの生産量や養豚も盛んです。形や製法が特に決まっていないので各店舗、独自の発想で、個性的な餃子を作り出してきました。

・バランスよく野菜が混ざった餃子

・にんにくやニラが強く主張する餃子

・ラードによる揚げ餃子

・スープ餃子

バリエーションが豊富で豊かなメニューがあるのでその分、楽しめますね♪

今回の結果は?

宮崎市(4184円)

浜松市(3728円)

宇都宮市(3129円)

オススメの餃子のお取り寄せは?

ぎょうざの丸岡

コスパがいい!!

宮崎市内でも有名なお店!!

50個入り➡️1300円

※送料別

ギョーザ専門店 黒兵衛

宮崎餃子の始まりの老舗

まとめ

餃子の年間購入額が1位となった宮崎市についてお伝えしました(*^^*)

これからもいろんな形の餃子が増え、楽しみがより一層感じられるのは良いですね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる