MENU

【名曲】小さな恋のうたはなぜ今も人気?その理由をまとめてみたら…

小さな恋のうたは、今は誰もが知っている名曲ではないでしょうか。

いろんな方がカバーした動画をアップしたり、カラオケなどでは、人気曲として今も語り続けていることから、様々な世代にも大人気な曲ですね。

そんな「小さな恋のうた」が今も人気な理由についてお伝えしていきます。

目次

小さな恋のうたが今も人気な理由は?

学生の頃に作られた曲ともあり、シンプルで歌いやすさもあり、長いこと親しまれてきました。

さらにカバー動画も人気で、いろんな世代のかたに歌い継がれているのも、この曲が愛されている証拠でもありますよね。

今でも人気なのは、歌いやすさとシンプルな歌詞に込められた恋の想いが今も人気な理由だと感じました。スリーピースバンドとして、そのハーモニーの良さにも愛されるきっかけになったのではないかと考察しました。

MONGOL800(モンゴル800)について

プロフィール

名前上江洌 清作髙里 悟儀間 崇(旧メンバー)
生年月日1981年2月15日1980年8月17日1980年10月9日
年齢41歳41歳41歳
担当楽器ボーカル、ベースドラムス、ボーカルギター、ボーカル
たくくん

2019年7月3日、儀間さんの脱退後、新しくサポートメンバーが入りました。

Kuboty (クボティー。1981年5月20日、40歳)(元TOTALFAT)担当は、ギター、ボーカル。

経歴

浦添高校の同級生で1998年夏に結成されたMONGOL800。始めの頃はメンバーが4人で、単独のボーカルもいました。コピーバンドとして、当時大人気だったTHE BLUE HEARTSやHi-STANDARDの曲を演奏していました。その頃、作曲にも挑戦!

1999年3月に高校卒業は、メンバー3名とも進学。アルバム『GO ON AS YOU ARE』を作成し、沖縄県内限定で発売されるとタワーレコード那覇店を中心に爆発的に売れ始め、県内でも話題となり11,000枚のセールスを記録。4月に全国発売される事態に。

セカンドアルバム『MESSAGE』を2001年9月に発売。「あなたに」が、収録されていて、CMで使われていた事にもより、大ヒット!インディーズにして、その年の売り上げ一位を記録するなど全国的にも有名になりました!280万枚を売り上げています。

その後も、表に出ることはないまま、活動を続けていました。ライブなどでは積極的に全国を周り、その名を轟かせてきました。

結成15周年を迎えたとき、初めてミュージックステーション(2013年1月25日)

みくさん

この時の出演されたMS
印象的で忘れられません

に出演し、「小さな恋のうた」を披露しました!ライブ形式で初出演!大人気の名曲を歌い、ファンを喜ばせてくれました♪

小さな恋のうたはいつ使われた?

2007年のドラマ『プロポーズ大作戦』の第2話・8話・10話の劇中に挿入歌として使用されたことで、徐々に人気に(*^^*) 

シンプルな歌詞に熱い歌いかたが人気になった♪

小さな恋のうたの映画は?

小さな恋のうたを元に製作された映画です。

沖縄に住む高校生たちがバンド活動を通じて、仲間や家族、恋などを描いた映画です。

ちい恋バンド結成

映画に出演していた佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁の5人で小さな恋のうたバンド(通称→ちい恋バンド)として、2019年5月22日に「小さな恋のうた」(全4曲収録)を発表しました。

本家とはまた違った若々しさ溢れる楽曲になっています。

まとめ

今回は小さな恋のうたのなぜ人気についてお伝えしました(*^^*)

小さな恋のうたをカバーした方たちもまとめていますのでこちらもご覧下さい♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる