MENU

ココロオドルはなぜ流行った?その理由は?nobodyknows+

当ページのリンクには広告が含まれています。

FNS歌謡祭にて、ココロオドルを久しぶりに熱唱したnobodyknows+の皆さん。

その歌声に懐かしさを感じた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

2004年に初場所したココロオドルは、なぜ流行ったのでしょうか?

目次

ココロオドルはなぜ流行った?

①時代の背景

ココロオドルが流行ったのは時代の背景もありました!

2004年のあたりは、ヒップホップ、ラップなどのテンポの速い曲がすごく流行り、ノリノリな感じもあるため、時代とマッチして、流行ったようです。また、ガンダムSEEDのEDの曲にも使われたので幅広く知れ渡ることになったのが、流行ったきっかけかもしれません。

②曲のテンポやノリが良かった

曲のテンポやノリが良かったのも時代とマッチし流行ったのではないでしょうか(*^^*)

③歌いにくいけど歌詞が良い!

早口なので歌いにくいですが、歌えるとかっこいいイメージが強いですね(*^^*)

ココロオドルのネットの声

FIRST TAKEにも出演!

ライブも最高!

nobodyknows+のライブも最高です!!

ココロオドルは他にも歌っていた?

ガチャピンムックもカバー!

仲良しな二人でノリノリに歌ってますね!

まとめ

ココロオドルは、なぜ流行った?についてお伝えしました。

名曲はいつまでも残りますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次