MENU

アドセンス狩りにあった時にすべき行動は?特定方法や対策のやり方を紹介

ブログを書いてる方なら一度は耳にしたことがあるかもしれません。

アドセンス狩り…(短時間に何度もクリックし、アドセンスを剥奪させようとする行為のこと)

あまり響きのいい言葉ではありませんね。

それは本当に突然やってきます。

事前にできる対処法があれば…良かったなと実際、広告制限されて感じました。

作り上げてきたブログを一瞬で下に落とされた感じ…

アドセンス狩りにあったあとの行動が大事!ということを前提にまとめていきたいです。

目次

アドセンス狩りにあった時に行動すべきことは?

アドセンスを毎日眺めてて少しずつ収益が上がり始めたなと感じていた矢先…

突然、アドセンスのフォームにて、お知らせが届いてました。

「表示できる広告を制限」されました。このために、収益は、0になりました。

この広告制限がきた事態で取るべき行動があります!

すぐにGoogleへ報告!

これが一番重要な行動になります!

必ず、この無効なクリックの連絡フォームから、送ることは、アドセンスを守る上で重要な行動です。

★無効なクリックの連絡フォームから、記入するべきところを記入し、送信する。

連絡先はこちら。

https://support.google.com/adsense/contact/invalid_clicks_contact

※お客様のアカウントに重大な問題が見つからない場合は、個別に返信いたしておりません

とのこと。

おばきち

お客様のAdSenseアカウントでの広告配信を制限しました

とメールが届いたら、すぐに原因はなにか?を調べて、上記のフォームから、Googleへ報告してください。

たくくん

このときに、アナリティクスのデータもあるとなお良いです♪

アナリティクスのデータを入力するコツは?

無効なクリックの連絡フォームに記載する内容は、アナリティクスからのデータが参考になります。

  • クリック率(CTR)の変化:アドセンス管理画面で確認(アナリティクスでも確認できます)
  • 不正クリック元のIPアドレス:「リサーチアルチザンプロ」で取得(有料ですが、ブログを守るためには必要かも)
  • 不正クリックが起こったページと期間:Googleアナリティクスで取得

Googleに報告する

不正なクリックがあれば…

https://support.google.com/adsense/contact/invalid_clicks_contact

に、連絡しましょう。

IPアドレス特定方法は?

ツールを使うことでスムーズに特定できます。

不正にアクセスしているIPアドレスを特定するためのツールは?

リサーチアルチザンプロ

というツールを使うことで特定できます。

リサーチアルチザンプロは、1ヶ月お試しは無料ですが、1ヶ月を過ぎると月額料金が発生します。

料金は、PV数によって異なります。

月660円~から。

広告制限解除されるまでどれくらいかかる?

アドセンスからメールには、こうかいてありました!

「通常、制限期間は30日未満ですが、それ以上になる場合もある」とのこと。

対策は?

☆日頃から、アドセンスの収益をチェック。(異常な数値がないかを確認)

☆アナリティクスをみて、CTRを確認する。

☆プラグインを導入する「「Ad Invalid Click Protector」(通称AICP)

少しの行動でも、充分対策になるので、検討してみることをオススメ致します。

まとめ

収益が先月よりもupされてる♪

クリック数がいつもより増えてる~♪

と喜ぶのも良いですが、対策していないと、とても大変な思いをされるのでお早めに対策をしておきましょう。

アドセンス狩りは身近に起こりうることなので、実際被害にあった場合でも冷静に行動していきましょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる