マックのポテトフライは国産では厳しい理由は?

マックのポテトフライは、カリカリしてて細長くて食べ答えがあり、ついつい進んで食べちゃう美味しさですよね!Sサイズのみの販売になり、なぜ国産のじゃがいもで応用できないのかの理由が判明したので記事にまとめています。

ポテトあります!の情報も記載!この機会に、他のポテトも試食してみてはいかがでしょうか?

目次

国産にできない理由は?

★ポテトの長さにあります。

マックのポテトって、長いですよね!!

入ってる物の中でも13cm以上の長さがあるものも多数あるかと。

★品質や値段の関係上、カナダ産やアメリカ産のを工場にて加工し、輸入。(規制があるため、加工しての輸入が必要)

ポテト難民に朗報!

ポテトありますキャンペーンとは?

フレッシュネスバーガーより

国産のポテトを使用し、25%増量でお届け!!

期間は?

1月14日~2月27日まで。

詳しくはこちらをみてください。

フレッシュネスバーガー1号店は?

フレッシュネスバーガー渋谷区富ヶ谷店

https://www.freshnessburger.co.jp/

ポテトあります~!シェイクシャック

ギザギザポテトもめちゃカリカリしてて美味しいですよね!!

ごんべい舎(富山県)

居酒屋わやわや(青森県)

らー麺つけ麺おぐり(千葉県)

ひしめき亭(群馬県)

マックの使用している品種は?

ラセットバーバンクという品種。大きいもので30cmするのもある大きいじゃがいもの種類。日本では栽培が厳しいようです。

ネットの声は?

まとめ

ポテトフライ大好きな方々が美味しく食べられるように、これからも情報を発信していこうと思います(*^^*)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

好きなことを伝えていく、Akoブログ♪です!趣味やトレンドを交えて発信していきます。レアな案件も取り扱っていこうと想います☆

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる